遺品整理の事前準備

遺品整理前の連絡先

投稿日:2017年4月15日 更新日:

遺品整理を実際に始める前に、いくつか連絡しておきたいところがあります。

親族

遺品整理で出てくる物の中には、骨董品や貴金属類、預金通帳や株式などの有価証券、バッグなどのブランド品や着物など、故人の遺産(相続財産)として認められるものがある可能性があります。

そして遺産となった品物は、被相続人同士で、形見分け(財産分与)をすることも考えられます。そのため、事前に「遺品整理をします」ということを知らせておくことが大切です。

もしも財産価値が認められるものを、勝手に売却などの処分をしてしまったり、独り占めしてしまうことがあれば、その後の親族間のトラブルに発展してしまうこともあり得るため、必ず事前に相談や打ち合わせをしておきましょう。

遺品整理場所の近隣

遺品整理の当日は、人が入れ替わり立ち代りで騒がしくなることが考えられるため、事前に「遺品整理をするので、騒がしくなるかもしれませんが、よろしくお願いいたします」と近隣の人たちに挨拶をしておくことも、遺品整理をスムーズに進めるためのコツと言えるでしょう。

買取業者

遺品整理した品物の中には、貴金属品や絵画など売却することで現金化できるものがあるかもしれません。被相続人同士で、品物によっては形見分けよりも現金で分配する方を選択した場合、専門の買取業者に連絡をしておくと良いでしょう。

処分業者

遺品整理で出たゴミや不用品の中には、粗大ごみとなるものもあります。市区町村の粗大ごみ受付センターに連絡するか、民間の処分業者に連絡をしておくと良いでしょう。

その他

遺品整理後に住居を使わない場合、ガスや電気や水道を止める必要がありますので、事前に連絡をしておきましょう。住居が賃貸の場合は、物件の大家さんか管理業者に退去することを伝えておきます。

-遺品整理の事前準備

関連記事

遺品整理のタイミング

遺品整理は、故人の住居が分譲マンションや一戸建てなどの持ち家であれば、実際に遺品整理をする人の都合に合わせて行えば良いのですが、故人の住居が賃貸のアパートやマンションだった場合、早急に遺品整理をするこ …