GPSを浮気調査で使用する際の注意点

GPSアプリのインストール時の注意点

投稿日:2018年8月10日 更新日:

浮気調査をする目的で、パートナーなどのスマートフォンにGPSアプリをインストールするやり方もあります。ところがこの方法は、一歩間違えると法律違反となるケースも考えられるので注意が必要です。

パスコードの入手は不正アクセス禁止法に抵触する

パートナーのスマートフォンにGPSアプリをインストールするためには、パスコードを入手することが最初のハードルです。

特に浮気をしているパードナーの場合、スマートフォンを見られないことを重要視しているため、パスコードも厳重に管理していると思われます。

ただし、パスコードの入手後、SNSやメールなどのチェックや、相手に無断でGPSアプリをインストールしたことが発覚した際には、「不正アクセス禁止法」に抵触する危険性があります。

「不正アクセス禁止法違反」は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金刑が科せられます。

GPSアプリのインストールは不正指令電磁的記録に関する罪に問われる

パートナーなどのスマホにGPSアプリを許可なくインストールしてしまった場合、「不正指令電磁的記録に関する罪」に問われることもあり得ます。

「不正指令電磁的記録に関する罪」に該当した際には、3年以下の懲役もしくは、50万円以下の罰金が処せられます。

プライバシーの侵害行為

パードナーの所有するスマートフォンを覗き見するということは、プライバシーの侵害行為に該当する恐れもあります。

法律違反になることを踏まえた上で行うのならともかく、そうでない場合には、浮気調査に特化した探偵に相談することも視野に入れてください。

-GPSを浮気調査で使用する際の注意点


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

GPSの取り付けと回収(自動車編)

GPSを浮気調査に使用するためには、GPS機器をターゲットの持ち物に取り付けることと、回収作業がセットとなります。ここでは自動車に取り付ける際の注意点を解説していきます。 GPSを自動車に取り付ける …

GPSの証拠だけでは慰謝料請求できない

浮気調査にGPSを使用して、位置情報などのデータを取得しただけでは、浮気相手やパートナーに慰謝料請求や訴訟を起こすことはできません。慰謝料の請求をするためには、不貞行為としての証拠を用意する必要がある …