GPSを浮気調査で使用する際の注意点

GPSの取り付けと回収(自動車編)

投稿日:2018年7月18日 更新日:

GPSを浮気調査に使用するためには、GPS機器をターゲットの持ち物に取り付けることと、回収作業がセットとなります。ここでは自動車に取り付ける際の注意点を解説していきます。

GPSを自動車に取り付ける

GPSを自動車に取り付ける際には、パートナーなどのターゲットがわかりにくい箇所に取り付けることがポイントとなります。

最初に思いつきやすいのは、ダッシュボードやトランクルームがありますが、頻繁に開閉する可能性があるため、あまりおすすめできません。

比較的見る機会が少ないと思われるバンパーの下や、スペアタイヤの収納位置あたりが、ターゲットに見つかりにくいでしょう。GPS機器を磁石や両面テープなどでしっかり固定してください。走行時に落下する恐れがあるためです。

GPSを自動車に取り付ける時に注意したいこと

GPSを自動車に取り付ける時に注意したいことは、大きく分けて2つあります。

1.自動車に傷をつけない
2.不法侵入をしない

1.自動車に傷をつけない

GPSを車の下に取り付ける際には、自動車に傷をつけないように注意してください。車についた傷から、GPSの設置が発覚する危険性があります。他にも、器物損壊罪で訴えられることも考えられます。GPS機器の回収時も同様です。

2.不法侵入をしない

浮気相手などの自動車にGPS機器を取り付ける際には、不法侵入をしないことも重要なポイントです。夫婦の場合には自家用車が共有財産となるため、自宅の敷地内であれば、GPSの取り付けそのものに「法的な問題」はありません。

-GPSを浮気調査で使用する際の注意点


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

GPSの証拠だけでは慰謝料請求できない

浮気調査にGPSを使用して、位置情報などのデータを取得しただけでは、浮気相手やパートナーに慰謝料請求や訴訟を起こすことはできません。慰謝料の請求をするためには、不貞行為としての証拠を用意する必要がある …

GPSアプリのインストール時の注意点

浮気調査をする目的で、パートナーなどのスマートフォンにGPSアプリをインストールするやり方もあります。ところがこの方法は、一歩間違えると法律違反となるケースも考えられるので注意が必要です。 パスコード …